本格的に副業を始める方へ~開業手続き・確定申告をハックしよう

本業とは別に、本格的に副業を始めよう!

そう考えたことがある方は、おそらく一度は、事業開始の手続きや税金の処理(確定申告)に悩んだことがあるでしょう。

しかし、昔と違って、現在は開業や税務の手続きにおいて便利なクラウドツールも出ているので、そこまで怯える必要はありません。

一般的なWEBサービスに登録をしたり、家計簿をつけるのと同じようなレベルで、副業の手続きは簡単に行うことができます。

この記事では、副業を本格的に始める方が、具体的にどのような手続きが社会上は必要とされるかを簡単に解説をし、「これならなんとか出来そうかな」と思ってもらえるように説明をしたいと思います。

 

①届け出を出す基準は、「所得」が20万円以上を超えるかどうか

開業届けや確定申告の手続きを個人事業として行う場合、原則は管轄の税務署に対して行います。そもそも、これをなぜ行うのか?といえば、それは当たり前の話ですが、「税金を多く徴収したいから」行うのです。

税務署の仕事の1つは、国民から税金を徴収することですので、副業で多くお金を稼ぐ人に対しても、当然ながら納税を求めます。

しかし、納税が求められるのは、あくまで「多くの所得を持っている人で、大きい額の納税を行ってくれそうな人」からの順番となります。

その意味では、前提として、年間数十万円~クラスの所得の副業であれば、あまり税務署が能動的に徴収しにかかることは少なく、あくまで報告されたものを受動的に対応することが多い、と考えれます。

 

とはいえ、最低限、所得を稼いでいる個人には納税の義務があります。

そしてその最低基準は「年間20万円以上の所得」です。

所得」というのは、売上-経費=所得と、純粋な売上額ではなく、そこから経費を引いた額が所得です。

そのため、年間20万円以上の売上が発生しうる方は確定申告の可能性があり、それを下回る額の場合は、確定申告は不要となると覚えておいてください。

 

②便利なクラウド「開業freee、会計freee」をフル活用する

もし、年間売上が20万円以上あるような副業をする場合は、開業の手続きと確定申告が必要となります。

この2つは、これまで大変面倒なイメージがあり、方法を解説する書籍は多くあったものの、ハードルが少しある印象でした。

しかし、現在は便利なツールがあるので想像以上に楽ちんで、「こんな気軽な手続きで大丈夫なんだ」と思える時代になりました。

 

下記に方法を解説します。

まず開業については、「開業freee」を活用すると大変便利です。

開業freeeは、フォームの通り入力し、書類を作成すれば、簡単に開業届けができるサービスです。

1つ1つ、ステップを踏みながらわかりやすい解説で手続きができ、もしつまづきそうになってもカスタマーサポートがフォローしてくれるので、挫折することはほぼないでしょう。

具体的な開業freeeの操作解説はここでは行いません。サービス自体がそもそも簡単なものであるのと、多くのブログでも方法が記載されているので、本格的に副業を開始するリテラシーのある方であれば迷わずやり遂げられるはずです。

 

また、売上が20万円以上超える場合は、確定申告が必要と述べましたが、それには経理業務が必要となります。

経理業務というと、全くはじめての人は少し尻込みするかもしれません。

しかし、実際に行う業務は、会計freeeを契約すればそれほど難しくはありません。

 

通常、経理業務は日々発生した金銭的なやり取りをすべて仕訳し、記帳を行います。これを経理素人が行うことはかなり敷居が高く、これが副業やフリーランスの敷居の高さにもなっていたでしょう。

しかし会計freeeは、これを経理素人でも行えるように非常に敷居の低いものにしてくれました。

 

会計freeeで入力するのは、入ってきた売上と、日頃の経費だけです。

売上は、毎月1回のことが多いと思うので、入力の手間は一回だけ。

経費についてですが、これはハックやtipsですが、日頃生活で使っているお金は、だいたい経費で記載することができます。

詳細は経費に関する別の書籍などで学んでいただきたいと思いますが、日頃のご飯代金は「会議費」「接待交際費」で基本は落とすことが可能です。書籍も経費で落とせますし、携帯やネットも経費で落とすことが出来るのです。Amazonの買い物もだいたいは経費で落とせる可能性があります。

そのため、いつもは捨てていたレシートをファイルで保存するようにし、週1か月1のペースで会計freeeに経費として入力をする、ということを行えば良いのです。

 

会計freeeにはスマートフォンアプリがあり、レシート読み取りのOCR機能がありますので、週末の土日にレシートを20~30枚読み込ませる、ということを行えば、基本の経理はそれで完了です。

コツコツ経費を会計freeeに入力しておけば、副業の売上の範囲内であれば、売上-経理=所得の額を0に近づける、もしくはマイナスにすることも可能です。

もしプラスになったとしても、しっかり経費を使っていれば、そこまで大きな納税をすることは少ないでしょう。

 

③確定申告は難しくない!税務署は味方なのでなんでも聞こう

また、確定申告の時期が近づけば、会計freeeの管理画面から開業時と同じように、簡単に確定申告の手続きができます。

現在はe-taxというインターネット上で確定申告手続きができるサービスがあり、それを活用すれば外出せずとも納税手続きができますし、不安な場合は税務署に直接うかがえば署員に質問もできます。

 

ぜひご理解いただきたいのは、税務署の職員は決して悪者ではなく、スムーズに税額の申告をしてほしいだけなので、むしろ積極的にフォローしてくれるでしょう。

日頃、確定申告で対応する相手は老人の方の割合のほうが多いですので、若い方が論理的に質問をすればスムーズに対応が進むと思います。

 

まとめますと、

  • 所得20万円以上の場合に、確定申告など各種手続きが発生
  • 開業手続きは開業freeeを活用すると簡単
  • 日頃の経理は会計freeeを使う。週に1度レシートを読み取るだけ
  • 確定申告もかんたん、疑問があれば直接尋ねられる

の4つを覚えてもらえば、個人が本格的に副業をする準備は簡単にできるはずです。

 

ベンチャー企業の副業プロジェクトに参画できる

「モアプロジェクト」のご紹介

転職する気持ちはないけれど、自分の力を試してベンチャー企業の副業に挑戦してみたい。そう考えていらっしゃる方は、ぜひこの機会に副業に参加してみませんか?
「モアプロジェクト」では様々な副業案件をご紹介しており、リクルート、アクセンチュア、セプテーニなど有名企業の人材が多くの方に、ご登録を頂いております。
エンジニア、マーケター、カスタマーサクセス、グロースハッカー、事業企画、新規事業推進など専門性の高い方を多くの企業様が求めています。

登録は無料です、ぜひお気軽にご登録ください。