メンバー・マネージャーとプロフェッショナルの違い~学校的エリートと起業家的エリート

副業をアサインする際に考えるときに、弊社の面接では「メンバー・マネージャー」か「プロフェッショナル」どちらに近しいかを見定めています。

弊社の副業サービスは、ベンチャー企業の成長フェーズに必要な課題解決を、外部から行う人材をアサインしているため、ご登録頂いているのはほぼ「プロフェッショナル」な人材です。

例えば、リクルートの商品企画担当、アクセンチュアの戦略コンサルティング担当、フリーランスエンジニア・デザイナー、メディア編集長、事業会社マーケティング責任者などがご登録頂いています。

 

本記事では、多くのプロフェッショナル人材と面接をして、「メンバー・マネージャー」と「プロフェッショナル」にどのような志向性の違いがあるのか。

またプロフェッショナルな人材は、実際にどのようにして副業プロジェクトに参画していっているのかを共有します。

 

■学校的エリート気質であるメンバー・マネージャー

あくまで弊社の捉え方ではあるのですが、日々の業務で上長から求められていることを守れる人材を、メンバー・マネージャーと定義しています。学校的エリート気質とも呼んでおり、指示したことに対し文句や疑問を唱えることなくイエスと従い、マネジメントがしやすい人材といえます。

組織においては協調性が重要であることに疑う余地はなく、実際に会社を運営しているのはこのメンバー・マネージャーが中心です。

期待値を上回る努力量、活動量が評価されるため、体育会系人材とも相性がよく、ビジネス系の組織では部活動経験者が重宝されることも少なくありません。

また、無意識レベルでリスク察知力が高く、事故・事件がなく安定している人材とも呼べるでしょう。

あくまで、あるものを守ること、頑張ること、怒られないようにすることが一番大切なものと考えられているため、副業として他社に入り込んでいくといった、ある種イレギュラーな働き方とは少し遠いように感じています。

特にメンバーの延長上として出世したマネージャーとなると、会社のタスクを着実に守る・行動量が多い・リスクが小さいといった点は強化されている方も多く、そのような方はまだ慣行が出来上がっていないプロジェクト系の副業業務をお任せするのはなかなか上手くいかないケースが多いです。

 

■起業家的エリートのプロフェッショナル

一方、プロフェッショナルと弊社が定義している(会社内の役職はマネージャー、メンバーを問わず、性質・気質上の定義です)人材は、守らない力や疑う力が強い人材です。

十分な経験やインプットにより、ビジネスやエンジニアリングに関する自信があるため、タスクを見て、非効率さやマーケットとの不一致などを感じたときに、ノーを言うことが出来るのがプロフェッショナルな人材であると捉えています。

また、プロフェッショナルのアウトプットは業務の努力量から成るものではなく、高度な専門性から生まれるものが多いです。私たちは彼らを「起業家的エリート」とも呼んでいます。

ノーを言える人材のため扱いにくい、使われにくい、リスクが高いとも思われてしまいがちですが、ユーザー視点や技術潮流、競合の視点などから考えた自分の意見を軸にして、会社のイエスマンでは決して提案できないものを推し進められるのがプロフェッショナルなのです。

言われていないことを成す、ルールを守るのではなく作る、頑張るのではなく正しいことをする、そういった起業家的考えを持って仕事ができる人をプロフェッショナルと呼び、弊社はそのような人材に対し、プロジェクト型の副業案件をご紹介しています。

なぜプロジェクト型副業なのかといえば、会社内で重い腰を上げ未経験の業務を行う場合はプロフェッショナル人材に立ち上げをお任せしたほうが素早く正確に立ち上がっていくのですが、プロジェクトローンチ後の運用はルーチン業務になるため一般的なメンバー・マネージャーが得意とする分野だからです。

そして、プロジェクトローンチ後は、極論を言えばプロジェクトを立ち上げたプロフェッショナル人材は社内で雇用しにくい扱いになってしまいかねないため、弊社は副業の形式で期間限定のプロジェクトに加わってもらうという方法を取っています。

 

■プロフェッショナルな人材は具体的にどのように副業プロジェクトに参加するか

主に営業、開発、マーケティング、バックオフィスなどの現状課題や将来ビジョンを伺ったうえで、従来社内にいた人材では立ち上げられないプロジェクトに外部のプロフェッショナル人材が入り込むようなご提案を行っています。

例えば営業では、会社規模別の営業戦略が欠けている営業組織に対して、3ヶ月で規模別戦略と具体的な施策のアドバイスを副業人材が行い、営業水準を高める。

開発では、やや古い技術や開発手法がメインだったWEB系企業に対して、モダンな技術や開発手法・ツールなどの導入を手伝い、現場が運用できるまで支援する。

マーケティングであれば、媒体ごとのアロケーションを現状数値や競合環境から整理し、理想の広告運用プランニングをアドバイスし、現場のマーケターで回せるようにする。

バックオフィスでは、従来の経理ソフトからfreeeに変えることで行う必要のある設定や業務フローなどをアドバイスし、新ツールの運用に慣れるよう支援する。

このような、会社側にとっては初めての取り組みで、従来はやっていなかった・なんとなく回していたことに対して、高い専門性を持ったプロフェッショナル人材が会社員経験を生かして支援していくような副業が、少しづつ増え始めています。

例えば、副業を解禁した企業の例を挙げれば、DeNA、サイボウズ、リクルート、日産自動車、花王、ソフトバンク、サイバーエージェント、丸紅、メルカリ、LINE、アクセンチュアなどです。このような企業に現職在籍している人材は、ご本人は自覚がないケースも多いのですが、中小・ベンチャー・スタートアップと比較すれば相当のエリートです。

一流企業の経営管理や業務の手法は、他社は喉から手が出るほど学びたいものが多いですし、在籍者が注目しているような新しいツールや手法などは、ベンチャーの企業からすれば差別化のためにぜひ積極的に取り入れたいと思っています。

弊社が副業プロジェクトを企業側とワーカー側を支援する際は、企業側の課題や現状の情報収集を十分にしたうえで必要なプロジェクトを画策し、これを担える人材をアサインするか、もしくはワーカーが持つ能力や知見をベースにプロジェクトをご提案することが多いです。

 

ベンチャー企業の副業プロジェクトに参画できる

「モアプロジェクト」のご紹介

転職する気持ちはないけれど、自分の力を試してベンチャー企業の副業に挑戦してみたい。そう考えていらっしゃる方は、ぜひこの機会に副業に参加してみませんか?
「モアプロジェクト」では様々な副業案件をご紹介しており、リクルート、アクセンチュア、セプテーニなど有名企業の人材が多くの方に、ご登録を頂いております。
エンジニア、マーケター、カスタマーサクセス、グロースハッカー、事業企画、新規事業推進など専門性の高い方を多くの企業様が求めています。

登録は無料です、ぜひお気軽にご登録ください。