エンジニアは副業でシード期ベンチャーのMVPをつくり、CTO体験をするべき

今年1年はエンジニアの副業が盛んとなり、副業に関するイベントの開催や、実際に副業をやっているという声が多く聞くようになった年でした。

弊社モアプロジェクトも副業支援事業者なので、様々な副業事例を目にしているのですが、エンジニアの方におすすめしたいのは、シード期のプロダクト開発に丸々関わる副業です。

以下にそのメリットや始め方について、解説をします。

 

シード期のベンチャー企業は良くも悪くも資金体力がないため、サービスのプロトタイプ開発を依頼する際は1人ないし少人数に依頼することになります。

これは見方を変えれば、エンジニアとして関わった自分が、その会社のCTOのような立ち位置で、そのプロダクトに携わるということになります。

何の言語を使うのか、開発に用いるツールやインフラは何がいいのか、現在の技術潮流に加えて、数年先の未来の動向を意識しながら開発に着手することになります。

ここでポイントになるのは、どのような開発体制であれば、他のエンジニアも一緒に働きたくなるような環境に仕上げられるのかをデザインすることです。

いま、ベンチャービジネスにおいて課題になるもの一つは、エンジニア不足によるプロダクト開発の遅れです。

優れたエンジニア組織を作り、スピーディーに顧客の課題やニーズを捉えた製品をローンチし続けられるかが会社の命運を分けるでしょう。

ですので、ベンチャービジネスのMVPを開発する際は、技術的や人材的観点で、引き寄せられるポテンシャルを持ったプロダクトを作る、といった観点が必要になります。

それは、副業といえども、ほぼニアイコール、CTOの仕事に近いと言えます。

先日、エンジニア組織論への招待の著者の廣木大地さんと、DMM新CTOの松本勇気さんのお話を聞く機会がありました。

私はHR事業者としては驚いたのですが、彼らは採用業務について上流から下流まで熟知してました。LAPRASのツール利用や、面談の仕方なども自らの仕事として語っていたのが印象的でした。

CTOとしては、単に技術に精通するだけではなく、チームとして開発していくうえで、優秀なエンジニアを魅了し採用していくことも仕事の一つなのでしょう。

話を戻すと、エンジニアとしてMVP開発に関わるということは、このような将来的なチーム開発や採用を意識して開発をするという、CTO的な側面があるということをお伝えしたかったです。

そしてそのような副業は、単に機能開発の一部をアウトソーサーとして開発するより、格段に得られるものがあるのです。

 

では、どうしたらそのようなMVP作りに携われるのでしょうか。

実は、エンジニアを欲する起業家候補は都内であればいくらでもいるので、手を挙げれば接点を持つこと自体は容易いです。

yentaや起業イベントで出会う機会は多くあるでしょう。

パワーバランスを考えると、エンジニアに必要なのは起業家と接点を持つ力ではなく、起業家を見極める力でしょう。

起業したい若者は世の中にたくさんいます。しかし、ベンチャービジネスをプロジェクトとしてやってのける、つまりEXITに持っていける手腕のある起業家志望者は、恐ろしく少ないのです。

 

仮にIPOに持っていくのであれば、開発予定のプロダクトが、売上50〜100億円ほど年間で立てられる必要があります。

また、仮にシードとして資金調達を志向するなら、製品のローンチ後、顧客の候補に最低10社ほどは導入するなど、トラフィックを作れるかが一つのマイルストーンになります。

ですので、この起業家が立てる事業目標は、売上100億円以上を見据えて考えられているものなのか。実際に顧客の課題を解決する角度で製品をローンチでき、営業活動によって売上をあげられる人なのか。はエンジニアとして見極めたいポイントです。

また、ボランティアでお願いしようとする起業家は多いのですが、ここは友達価格でやらないほうが良いでしょう。

正常な市場感覚を持った起業家であれば、エンジニアの受給環境はわかっているはずなので、無給で旨い汁を吸おう、とは考えないものです。(エンジニアは引っ張りだこなので、自社が支払える最大限の価格で報いて、足りない部分は未来の可能性含め交渉することで譲歩しよう、と考えるのが真っ当な起業家だと思います。)

 

ですので、最低でも月10〜30万円ほど、報酬が発生するものとして、3〜6か月お付き合いしても大丈夫。つまり、予算感として100万円〜程度は必要経費として支払える起業家と付き合うべきでしょう。

 

ベンチャービジネスのプロダクトが通常のサービス開発と異なる部分は、プロダクト自体がまだ仮説だということです。

ですので、実際に顧客の元にヒアリングをしたり、営業や導入を行う過程の中で、コンセプト・ポジション・開発機能などを微修正していく、ということが特徴です。

可変性、拡張性を意識しながら、少ないリソースでヒットする機能を作る。これはエンジニアであってもビジネス知識や営業観点が必要となってきますので、かなり勉強になる取り組みではないでしょうか。

また、ベンチャービジネスにおいてはエクイティファイナンスは不可避であり、株式での資金調達の観点でプロダクトや組織、数値をどの程度に仕上げていくのか、を考えることになります。

このベンチャーファイナンスの観点でプロダクトを作っていく経験は、サラリーマンではなかなか行うことが出来ないのでオススメです。

また、著書# Running Lean ―実践リーンスタートアップ (THE LEAN SERIES) では、ベンチャー企業が作るのは製品やソリューションだけではなく、ビジネスモデルなんだと解説されています。

つまり、プロダクトそのものに加え、対象とする顧客セグメントや、販売チャネル、主要指標、コスト構造、マネタイズなどトータルのビジネスモデルを設計し、ユニットエコノミクスを実現し得る全体の事業設計が必要ということです。

ですので、ただ言われるがまま製品開発を手伝うだけではなく、こういう顧客に向けて開発したほうがいいのでは?マネタイズのために価格設計はこう変える余地はないか?販売チャネルとしてこの経路に繋げられるのでは?など、ビジネス全体に携わることがシード期では可能ですし、そうするべきなのです。

 

最近、弊社モアプロジェクトでも新たにsaasサービスの構築をスタートするのですが、その開発におけるプロダクトや機能についてはまだ仮説で、顧客や市場に合わせて変えていく余地があります。

また技術選定は自分も採用市場を鑑みてアドバイスをしつつも、大枠はエンジニアに任せる予定で、かつエンジニア採用のイロハについてはそのエンジニアを育成することで強化するつもりです。

つまり、新規事業のプロダクト開発、技術戦略、エンジニア組織作り、リーンスタートアップといった経験をメリットとして提供します。

そして、EXITへ向かううえでの事業計画・ストーリーは共有をし、報酬も然るべきものをお支払いするようにしました。

 

最後は少し弊社のアピールになってしまいましたが、エンジニアがシード期のベンチャーのプロダクトに関わるメリットはお伝え出来たのではと思います。

もし弊社の取り組みや、副業でスタートアップに関わりたいという方は、ぜひ下記フォームよりお問い合わせください。